プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Google+ボタン先日つけました。
ちがうのですSNSもあるのですよ。
Takumaです。
 

【Google+ (グーグル プラス) プロジェクト】
ウェブ利用において共有は大きな部分を占めます。Google は、共有をもっと簡単にできるのではないかと考えました。そこで Google では、いくつかの新しい機能を追加するために取り組んできました。目的は、実生活での人とのつながりと同じように、ウェブ上で他のユーザーとつながるようにすることです。これまでにリリースした機能をぜひお楽しみください。また、今後も新しい機能が予定されていますので、引き続きご注目ください。 (by プロジェクト公式サイトより)

 

さてさて、対facebookという表現がよくされている、
限定招待性ながらスタートした、「Google+」

▼Google+ プロジェクト参加申請はこちらから▼
Google+ プロジェクト

心ある方に招待いただいて、
使えるようになって早 一週間。少し使ってみたのでその感想。

「Google+を触ってみた感想」


----------------------------------------

(1)facebookぽいが、そこまで導入の敷居が高くない。

まず思ったのがここ。
facebookがリアルの情報を極めて正しく入力することを運営側が求めているのに対し、Google+はそこまで現時点で強制させる感じはしない。

というのもfacebookは「一人=1アカウント。これ絶対」を大原則としてるので、記載を求められる情報が多く、その求められ方のプッシュ力がかなり強い。

しかし、Google+は、そのルールまだ完全には、聖域化していないようなので、日本国内のSNS(mixiとか)を使ってきた人からすれば拒絶反応が少ないかもしれない。

また、Googleプロフィールが自己紹介要素を担っている事を始めとして、既存のGoogleサービス(カレンダーやリーダー等々)を跨いで使えるインタフェースにヘッダーがなっている。
つまり、他のGoogleサービスユーザーがそこをコンタクトポイントとして、Google+を使い始める事が今後、考えられるので・・・そりゃ、ゼロからfacebook使うのに比べて始めやすいですよね。

----------------------------------------

(2)facebookぽいが、友達のカテゴライズが自由だ

Google+の場合、交友関係のグループ化は「サークル」と言う形で行われる。
サークルは自分で増やすことができ、いくらでもカテゴライズできる。

友達(カード状)に並んだ連絡先を、作ったサークルへ ドラッグドロップで放り込むことでグループ分けする。

この、視覚的なユーザーインタフェースで分かりやすい。

----------------------------------------

(3)facebookぽいが、交友範囲がガチガチじゃない

facebookと大きな違いは、サークルの登録に相手の同意が必要ない事。

つまりは、情報は基本的にはオープンな発信であり、それの公開範囲を制限するのは、投稿時である。(※サークル別にfacebookでいうウォールや、投稿の閲覧可能範囲に指定できたりする)

この理由は、Googleが作ったサービスなのだから、「SNSとしてのスタンス・それに伴う情報のプライオリティ」が、そもそもfacebookと違うからだろう。

その例に、

▼ピックアップ▼
Googleプロフィールを「限定公開」していると、7月31日に削除されることが判明 ? ロケットニュース24(β)

検索されることを避けて限定公開していると、2011年7月31日に、プロフィールが削除されてしまうという事らしい。

facebookがリアルの交友関係をネットでも展開するのに対し、
Google+は、そもそもネットでの交友関係を広げる為の場所であり、全てでないにしろ個人情報を開示し、検索で見つけてもらえる状態作ることを求めているようだ。

----------------------------------------

簡単にまとめると

深く、狭く、しっかり制限された、fadcebook。
深くも浅くも、自己責任で誰ともつながろう! Google+。

といった所だろうか。

まだまだ、ビデオチャット(10人までが同時に参加できる)とか使ってないので、そこらへんは、使い倒したら 改めて感想記事でも書こうかと。

GoogleWaveのような結末にならないよう、
シンプルに、直観的ではじめやすく、何を最初にすべきか分かり易い。という所は、facebookとちがうアプローチを今 以上にお願いしたい所です。

twitterと、facebookと、mixiと・・・・Goolge+
既に日本国内で根を張っているSNS達の牙城を崩せるか。楽しみです。


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Google Plus Nick
●んで、一言
Google+のプロフィールページを紹介する短縮URLサービスです。

自分のログイン後のページのURL
https://plus.google.com/○○○○○○○○○/
と記載されている数字の羅列と、短縮URLにしたい英字文字列を入力して「add」するだけで短縮URLが生成可能。Google公式サービスではないですけどね。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト
IE6は、非対応サイトが
多くなってきていますね。
Takumaです。
 

【撲滅】
[名](スル)完全にうちほろぼすこと。根こそぎなくしてしまうこと。「白アリを―する」「伝染病を―する」(by Yahoo!辞書)

 

さあ、以前も取り上げてきた「滅びろIE6」というWEB開発者のみなさんの熱い想い。

▼過去記事▼
「IE8がトップとなり、IE9の噂と、IE6の埋葬」 >> Takumart.net | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」 | WEBデザイン&ディレクターのグラフィックデザイン&HP制作のブログ

しかし、ここに来て状況に変化が。
「腐った牛乳」の発言からしばらくした今になってこんなサイトを、元凶マイクロソフトさんがリリースしたのだから苦笑い(怒)


「IE6撲滅サイトをマイクロソフトがリリース」

▼ピックアップ▼
IE6 Countdown


くっ・・・「JAPAN 10.3%」まだいるのか。マイクロソフトめ・・・
まあ、開発の対象国ではないものの中国は、世界でトップ「34.5%」
という具合の本日の状況。

「UnKnown」とか「知らねえ」といった地域が大半だったり、もうどれだけ開発者を休日出勤や過労退職に追い込む気なんでしょうね。散った人間を数人知ってますし・・・

「マジでIE6開発したやつ、土下座巡業しろよ」って感じです。「IE7」もね。
(↑特にIE7は現在進行形・・・orz)

▼ピックアップ▼
IE6 Countdown

ちなみに、「I'm doing my part to get IE6 to 1%」というツイートを連携出来るようになっていますが・・・滅ぼしてくれ。



■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
YouRecycled.com

●んで、一言
デジタル系の廃棄部品で写真を再構成してしまおうというサイト。
ビジュアルは、はっきり言ってかっこいいです。

takumart.netのトップの絵を試しにしてみましたが、
かなりイケテます。

YouRecycled.com

なんか、攻殻機動隊っぽい♪

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
有名な美術館が、
パソコンで見ることができたなら。
Takumaです。
 

【美術館】
美術品を収集・保管・展示し、一般の展覧・研究に資する施設。(by Yahoo!辞書)

 

時間ができた時にゆっくり見ようと思っていたサイトの一つ。

「仮想有名美術館 Art Project, powered by Google」

▼ピックアップ▼
Art Project, powered by Google



有名な海外の美術館をバーチャルで見れるサービスです。

地図で有名なストリートビュー機能の拡張的な感じで世界17の美術館(メトロポリタン美術館、MoMAニューヨーク近代美術館、ヴァンゴッホ美術館...etc)の中を散策しながら作品が見れます。

ちなみに見れる美術館を下記動画を参照。


どのように美術館内を撮影したかも見れます。
見れる作品や美術館の場所が、限られているものの、このコンテンツの素晴らしい所の一番は各作品の拡大表示の時ですね。

MoMAニューヨーク近代美術館とか、日本にMoMA展が来た時依頼にみた作品もあったりしましたが、ここまでは寄ってみることはできませんでした。一度拡大表示を試してみると面白いです。(かなり拡大して見れます。)

もっと、美術館も作品も増えないかな。
個人的には、岡本太郎さんの作品を希望w


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
More - Google で、もっと。

●んで、一言
これまたGoogleネタですが、最近CMでも見ることが多いGoogleのプロモーションのまとめサイト。とくにこれとか好き。



本当に、こんなの見てるとネイティブにGoogleとか使ってる子供とか、将来どんな発想でコンテンツを生み出していくんだろうと思ったりします。

こんなの、専門学校とかの卒展とかでやってそうですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
iFrameベース?
FBMLベース?
Takumaです。
 

【Facebook Markup Language 】
FBMLとは、Facebookが提供する、HTMLをベースとしたマークアップ言語である。

FBMLはHTMLに独自仕様を加えたサブセットとなっており、Facebook内のファンページやFacebookアプリケーションなどのデザインとレイアウトを変更することができる。なお、FBMLと同じく、JavaScriptをベースとした言語仕様として、FBJS(Facebook JavaScript)がある。

2011年2月現在、FBMLおよびFBJSは非推奨の機能とされており、通常のHTMLやJavaScriptを使用するなどの代替手段を用いることが推奨されている。(by IT用語辞典バイナリ)

 

facebookページ(旧ファンページ)のカスタマイズを勉強中のtakumaです。
さて、先日はアプリベースで「twitter&RSSリーダータブ設置」を行いました。

▼ピックアップ▼
「facebookファンページにtwitter&RSSリーダータブ設置」 | takumaの「デザインはあれでアートはそれで」 | WEBデザイン&ディレクターのグラフィックデザイン&HP制作のブログin takumart.net

確かに、これだけでもfacebookのユーザー層(拡散性はtwitter程 高くないけどリマインドや啓蒙に向いた繋がりが深いコミュニティ傾向が強いfacebookの特性)には、色々と情報届けられますが・・・

ここしか知らないfacebookの人に「こんなのが自分がやってるサイト」だよ(twitterとかブログとか個人サイトetc)というのは、パッと見わかりづらい。

そこで、ファンを取り損ねたりしたらもったいないですよね。
ということで・・・


■facebookページにオリジナルページのタイプ■■■■■■■■■

作り方自体は、大きく分けて2つに分かれます。

●FBML
→旧来に作り方。専用アプリを利用し、facebook上で直接HTMLやCSS等を記述する方法。
挿入する要素によっては、FBMLを使用しなければならない(使用言語はHTML、CSS、FBMLのみ)ブラウザ毎の表示差異が激しい。

▼参考記事▼
Static FBMLとは何か http://socialmediaexperience.jp/568

[メモ]FacebookファンページのFBMLで使えるタグ11選|skuare.net

●開発者アプリケーションベース:
→自分を開発者として登録してアプリとして、自前のサーバーにアップしたファイルを読ませるという方法。

・iFrameベース:
javascriptやFlashベースの表示も可能だが、ログインしないと見えない。

・FBMLベース:
ログインしてない、facebookユーザーに表示できるが、HTMLとCSSがベースでリッチ表現が限定されます。
IEでの表示がページのhaad内の記述では安定せず、各要素への直接記述にする手間が発生しました。ちょい面倒。。

どちらも試しましたが、結局 「開発者アプリケーションベース」を選択。というのも・・・

---------------
Facebookは、FBMLベースでページを2011年の3月11日以降、追加をさせない方針を打ち出しているそうで、表示はできるものの今から作るのに非推奨をするのもどうかなと。

▼参考記事▼
【速報】FBML廃止へ。3月11日以降はFacebook上でstaticFBML新設ができなくなります。

---------------

作り方は以下のページを参考にしました。

---------------

▼参考記事▼
新デザイン対応!:Facebookページ完全ガイド

FacebookページにiFrameを組み込もう

----------------

■facebookページにオリジナルページサンプル■■■■■■■■■

●開発者アプリケーションベース:

(1)iFrameベース:
→ヤフオクのガジェットを表示させる為に作成。

facebook(Release-kisskisskids)

(2)FBMLベース:
→自己紹介として、facebookページの初期表示する為に作成。
 ログインしてなくても見えてほしいのでコチラの手法に。

facebook(about-kisskiskids)


http://www.facebook.com/kisskisskidsclub
へ非ログイン状態でアクセスすると(2)が表示され、
「Release-kisskisskids」にアクセスしても表示されないと思います。
また、ログインすると表示されますね。

さて、今後も色々と追加をしていこうとは思いますが・・・
3/10以降の推移を見守りつつですね。



■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Starbucks Coffee At Home

●んで、一言
スタバのサイト。店内によく見かけるボードにチョークで書かれたあれをイメージしているようですね。
実際にページ毎のグラフィックもきれいで、ページ遷移するさいに黒板消しみたいに消されるのですが、前に観たページの消し残しがあったりと、演出もこっています。

90年代の手書き風CGが好きだった人にはツボかも。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

続きを読む »

facebook使ってます。
twitterも使ってます。
Takumaです。
 

【ウィンドウ】
ウィンドウ (window) とは、ウィンドウシステムにおいて、ディスプレイなどデバイス上で、アプリケーションに与えられる領域。

窓からアプリケーションを覗いているような様子からこの名がある。マルチタスクオペレーティングシステムでは複数のアプリケーションが同時に動作するため、ウィンドウでそれぞれのアプリケーションに画面領域を割り当て、ユーザの操作で切り替えることができる必要がある。多くのOSのウィンドウでは、矩形の領域の上部に、ウィンドウのタイトルを表示したり最小化や最大化を行うためのボタンがある。(by ウィキペディア)

 

ブラウザ内で展開する演出もいいですが、

ブラウザのウィンドウそのものが動き回り、
自分が使ってるソーシャルサービスの内容が連携した演出で、
軽快に動き回るサービスはいかがでしょうか?

「SNS連携とウィンドウを使った匠の演出:SOUR / MIRROR」

▼ピックアップ▼
SOUR / MIRROR

最初始めた時に多くのウィンドウが展開されるのに違和感は感じたものの、歌が進んでいくにつれ縦横無尽に駆け回るリズミカルな演出がすばらしい。

確かに、これは対象ブラウザを選びますね。
というか、対象ブラウザをインストールしても、見る価値ありです。

私は、chromeでみましたが。昨今のブラウザの処理速度の速さが実現した演出ですが、何週か、自分のいろいろなアカウントやサービスで試してみたいコンテンツです。

けっこうオススメ。


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Creachi

●んで、一言
chromeのアプリだそうですが、クレイアニメ風の射的ゲーム。
単純なゲームでリズムよく打てばクリアできるゲームですが、その登場するキャラがシュール。不思議な雰囲気です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。