プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


ルノアール好きです。
絵画大好きです。
Takumaです。
 
ルノワール親子】

ピエール=オーギュスト・ルノワール(ウィキペディア)

1841年2月25日 - 1919年12月3日)はフランスの印象派の画家であり、その作品は日本でも広く知られている。長男のピエールは俳優、次男のジャンは有名な映画監督である。(後期から作風に変化が現れ始めたので稀に後期印象派の画家とされることもある。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB

ジャンルノワール(ウィキペディア)

印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。パリのモンマルトルに生まれる。学校を中退後、第一次世界大戦に騎兵少尉として参戦。戦後、その療養中にチャップリン等の影響を受け、映画監督を志す。1920年にカトリーヌ・エスランと結婚。1924年、カトリーヌ主演の映画『カトリーヌ』に出資した後、カトリーヌの主演で処女作『水の娘』で監督デビュー。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB


渋谷のBunkamuraミュージアムで今、下記の展示会が行われています。

ルノワール+ルノワール展

▼ルノワール+ルノワール展▼
http://www.ntv.co.jp/renoir/

印象派を代表する画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、彼の息子であり、偉大な映画監督であるジャン・ルノワール。「ルノワール+ルノワール展」は、歴史に名を残した二人の巨匠に焦点をあて、父の絵画と息子の映画を同時に紹介しています。

Takumaも先週、行ってきたのですが作品展示数としては特別多くはないものの
特に親父さんの絵を間近で見れたので、多くの勉強ができました。

完全に「デザイナー」というより「絵描きの端くれ」としてですが。。。
(Webディレクターとしては、映像も興味ありましたが右脳が絵ばっかりみてたw)

■ 肌の表現:120年変わらぬ女性の美 ■■■■■■■■■■■■■■■

ちょっと前の記事だがこんなのを見つけたのでご紹介。

ルノワールの「水のなかの裸婦」(1888年作、ポーラ美術館収蔵 左図)や、透明感が高く美しい肌を持つ日本人女性の素肌、白人女性の写真の肌、人形の肌などを「分光反射器」と呼ばれる装置で分析。肌から反射される光を青、緑、赤などに分解し反射率を比べた。

その結果、本物の「美しい素肌」に最も近かったのが「水のなかの裸婦」のほおの部分で、青から赤へと光の波長が長くなるに従い反射率は上昇するが、中間の緑の部分がへこんだ、よく似た形のグラフになった。

さらに、絵の肌の部分を顕微鏡で観察すると、白と朱色を混ぜた下塗りの後、透明感の高い赤と青を薄く重ね、発色効果を高めていた。現代のメークでも、透明感の高い美しい肌に見せるため、ファンデーションの上から、青や赤のパウダーを重ねるテクニックがよく使われている。緑の反射率が高いと、肌がくすんだ印象になるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060502-00000031-mai-soci
(「毎日新聞」 05/02 1202:現在は移転しリンク切れ)



すごい。自分が女性だったら即日、顔をキャンバスにして実験してると思う。
んで、今回の展覧会で間近でみた印象としては、やはり肌の質感に感銘を受けました。

赤と青の重ね塗りが手に取るように分かったし、その深さが表層の肌色と溶け合い、みずみずしさや透明感になっている事も感じられたのが大きかったです。
(うん。完全に画風は違うのですが。。。orz)

やっぱり、手描きはいいですな。
(質感と温度が、市販の本とかなり違いすぎると感じた。とくに今回は。)

映像も親父さんの作品をオマージュしているのが絵の隣で流れたりしていたのですが、リアルと絵の関係性とそれぞれの表現ベクトルと特徴の差が確認できる点も「ルノアール+ルノアール展」のオススメです。

一度、足を運んでみては?
スポンサーサイト
Ajax好きです。
HPデザイン大好きです。
Takumaです。
 

【可変】
変えることができること。また、変わることができること。「―式」←→不変。(by Yahoo!辞書)


Takumaがコーディングをしていた最盛期は
・文字サイズ固定
・テーブルレイアウト
・スペースGIF(1px×1pxの透過Gifファイルの事)
が主流の頃でした。

時は流れ・・・

Ajaxでサイトレイアウトや幅が変えられるようになりました。
「dsGrod1.0」

▼dsGrod1.0:サンプルHTML▼
http://www.dezinerfolio.com/wp-content/uploads/griddemo/dfFlexiGrid.html#


▼dsGrod1.0:解説(英語)&ファイルダウンロード▼
http://www.dezinerfolio.com/2008/03/24/dfflexigrid-liquid-javascript-grid-layout/

なにができるかというと
・800pxと1000pxと100%の好きなサイト幅が選べる(←これがポイント高し)
・右、左のサイドメニューの有り無し(←これも近年でてきた)
・フォントサイズの変更(←これは結構前からあったけど)

って感じなのですが・・・

ここで、近い将来的にちょっと心配事が。

これらがスタンダード化されるとなると、サイト設計の手間が飛躍に増えます。
・要素策定とプライオリティとのバランス考察
・導線設計とフォロー導線設計の多次元化
・コンバージョンシナリオの多重策定とリスクフォロー

とかとかとかーーーーーorz
(いや、HTMLの本来の成り立ちと近年の傾向を考えれば当然なんですけど・・・)
(やっぱ、こうカッコヨク形になるとスゲーとか思う自分もいるけど・・・)

「覚悟」が必要と感じた今日この頃です。
デジタルデザイン好きです。
Photoshop大好きです。
Takumaです。
 
SaaS:Software as a Service】
ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態。サービス型ソフトウェアとも呼ばれる。ユーザは必要な機能のみを必要なときに利用でき、利用する機能に応じた分だけの料金を支払う。必要な機能をユーザがダウンロードし、自身の端末にインストールする形態のものと、サーバ上で動作するソフトウェアの機能をネットワークを介してオンラインで利用する形態がある。近年では後者の形態が多くなっている。通常のソフトウェアは、あらゆるユーザにとって必要な機能をすべてまとめ、すべてのユーザに同じ機能を提供するようになっている。このようなソフトウェアは、ある1人のユーザにとっては、あまり必要のない機能が多く搭載された冗長なものとなってしまい、必要のない機能に対しても料金を支払っていることになる。そこで、個々のユーザが本当に必要な機能のみをオンデマンドに利用でき、その機能に対してのみ支払いをするSaaSという考え方が登場した。SaaSという用語は、ネットワークを介してソフトウェアをオンラインで利用するという点でASPサービスと似ており、一般的なASPサービスを指す場合もある。
(by Yahoo!辞書)


SaaSPhotoshop」が公開されました。
簡単に言うと、よっぽどのプロじゃない限り基本的な機能を無駄なお金を払うことなく使えるソフトの様式と考え方で、WEB上で写真加工やお絵かきが出来るということです。

その写真をWEBアルバムとかで公開できるといったサービス。
くわしいお話とソフトの使い心地については以下をみてみて。

SaaSPhotoshopがついに公開、早速使ってみた▼
http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/27/pse.html

実際は、こちらから登録して使ってみよう!!

「SaaS版Photoshop」

Photoshop Express
https://www.photoshop.com/express/

■ Takumaの感想 ■■■■■■■■■■■■■■■■

Excelを仕事で使っているようなお父さんが、家や出先で子供の写真を加工して友人達に自慢するにはいい感じだと思います。

つまりは
・一般写真編集に必要な最低限の機能揃っている。
(「トリミング」とか「赤め補正」とか「色相:再度:明度」調整 +ちょっとしたエフェクト)

・細かい設定が必要とされず、設定の度合いまでソフト側でフォローしている。
(色相編集等で本記事のキャプチャのように、分かりやすくできている)

・WEBツールなのでショートカットは使えない。
(Ctrl+Zでやり直しとかはできない)

という感じなので普段からPhotoshopを使っている人には、物足りなさを感じるかもしれないが、ターゲットがそもそも違うのでご愛嬌。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このサービスを使った感想としては大きく二つあります。

▼Point1:インターフェース設計面
非常に無駄な要素がそぎ落とされていて、よく出来てると思います。
何よりも、ユーザーの無駄な動きを極限までなくす工夫が細部まで組み込まれている所がすごいとおもいました。
(色調補正とかのスライドバーがあるポイントまで自動でナビするとか)

▼Point2:オンラインサービスとして
近年、Ajaxにてオンライン上でOSもどきを動かしたりしてる事がフォーカスされていますが、完成度的に二つ三つ頭でてると思います。

ローカル上にOSとソフトがある、いままでのクリエイティブソフトのインターフェース設計とオンラインでブラウザを通して行うのがここまで違うというのを実感できる、いい教材だと思います。

Adobe AIRをはじめ、オンラインを利用したデジタルデバイスは多様化を見せ始めているとかんじます。もうブラウザ内でIEがFireFoxがとかいっていられる時代が次にシフトし始めていることを、ベータ開発アプリ各種を見るたびに感じます。

次の時代はどっちだ!!
Wordpress好きです。
ブログ大好きです。
Takumaです。
 
閉鎖
1 出入り口などを閉ざすこと。「表口を―する」「国境を―する」
2 組織体がその活動や機能を停止すること。「工場を―する」「学級―」
3 内にこもって他のものの立ち入りを許さないこと。。(by Yahoo!辞書)


「WordPressユーザー」と「本サイトでのTakumaのBlog」をご覧いただいている皆様。
びっくりなお知らせです。

WordPress Japanさんが閉鎖するそうです。

「Wordpress Japan 閉鎖」

▼WordPress Japan 閉鎖のお知らせ▼
http://wordpress.xwd.jp/japan/2008/03/26/close/


■ お知らせ抜粋 ■■■■■■■■■■■■■■■■

Filed under: WordPress ? Administrator @ 22:17:46

3月末日をもちまして、WordPress Japan 及び関連コンテンツを閉鎖させていただきます。
長い間ご利用いただきまして有難うございました。

現在 ME をご利用中のユーザーさんは、配信しているフィードや画像が読み込めなくなりますので、
本家の対応バージョンにて上書きするなりのご対応をお願いいたします。

以上、どうぞ宜しくお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ちょっとショックなのですが、対応のためにちょっとの期間takumart.netのブログの表示がおかしくなるかも。なるはやで対応する予定です。

その間はお手数ですがFC2のミラーブログの方をご覧ください。
よろしくお願いいたします。

▼takumaの「デザインはあれでアートはそれで」▼
http://takumasaitou.blog114.fc2.com/
散歩好きです。
写真大好きです。
Takumaです。
 
マンホール
地下の下水管や共同溝などに路面から人が出入りできるように設けて、円形の蓋(ふた)をした縦穴。(by Yahoo!辞書)


基本的に職種はデザイナーなのですが、Agora Galleryさんには写真作品がピックアップされリンク登録していただいています。

▼Agora Gallery▼
日本語サイト:http://www.agora-gallery.com/JAP/Default.aspx

一眼レフをもっていません。Takumaです。

基本的に写真に関しては、脱臼しそうなくらい肩の力を抜いているのですが、久しぶりに追加いたしました。しかも二作品です。(←「しかも」とかいう枚数でもない)

「童心のフタ(一部)」

▼Takumart.net:写真コーナー>「童心のフタ」&「みまもる」▼
http://www.takumart.net/photo/

童心のフタ ■■■■■■■■■■■■■■■■■

この作品は下水溝マンホールのフタにどこかの素敵なアーティスト(たぶん近所のお子様)がカラーリングしたのを撮影した写真です。

ちなみに写っている足は当然、この時期のデフォルトは黒い服で通していたTakumaです。余談ですが大人の階段というものは、必ずしも上るだけではない事を近年、感じております。

■ みまもる ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こどもhttp://www.kodomono-shiro.jp/」のモニュメントになっているTakumaの大好きな岡本太郎さんの作品「こどもの樹」を夕暮れ時に撮影したものです。

幾人もの子供たちが大きくなり、巣立っていく姿をこの樹はこれからも、みまもっていくのだと思います。

ふと感じたのは「優しい眼差し」と「子供のように家に帰れない」哀愁にも似た感覚でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

桜もほころび始めた今日この頃。
カメラのシャッターを切る機会も増えそうな感じです。

「Apple Design Work」

デザイン好きです。
Apple Design Work大好きです。
Takumaです。
 
【モックアップ】
実物大模型。(by Yahoo!辞書)


Takumaの場合、新卒からこのデジタルコンテンツ業界に入り浸りなわけで。
身内に他のデザイナーがいても「甘えるな!!自分で勉強しろ!!」てな感じで、これといった英才教育を受けてきませんでした。(よく考えるとPCは小さい頃から近くにあったけど)

そんな訳で、他のデザイン業界の細かい裏事情までは、あんまり詳しくないのです。
特にトップメーカーでのデザインプロセスなどは機密事項なので、口外される事は稀なのですが。。。

Appleは違ったようです
アップルのデザイン現場を彷彿とさせる記事がビジネスウィークに載ってた(らしい)。
「Apple Design」

Apple Speaker by GeekAlerts▼
http://www.geekalerts.com/apple-speaker/


■ SXSW プレゼンテーション ■■■■■■■■■■■

アップルのシニアエンジニアリングマネージャの Michael Lopp が SXSW[South by Southwest]で興味深いプレゼンテーションをした。他の会社ではやってみても失敗することが多いのに、どうしてアップルではすばらしいデザインに到達できるかということを説明したのだ。これまでもアップルは何度も消費者に対してすばらしいプレゼントをしてきた。(「すばらしいアイディアをすばらしいアイデアに包んで」、言い換えれば、すばらしいソフトウェアをすばらしいハードに載せ、美しいパッケージにして・・・。)そして、みんなが自問してきた質問をしてみせた。「なんでこんなスゲーことができるんだ?」と。(South by Southwest ではパネリストはこんなくだけた喋り方をする。)それから彼はいくつか具体例を挙げた。




■ 細部まで完璧なモックアップを作る ■■■■■■

Lopp によれば、このためには膨大な量の作業と時間が必要だ。しかし、「こうすることで曖昧なところがなくなる。」当初は時間がかかるかもしれないが、あとで誤りを修正するための時間は要らなくなる。




■10対3対1(10 to 3 to 1) ■■■■■■■■■

アップルのデザイナーはどの製品についてもまったく異なるモックアップを10は作る。Lopp 曰く、「3つがよく見えるようにあと7つ」作るのではない。そんなことならみんながやっているだろう。そうではなくて、まったく制限を設けず心行くまでデザインさせたものを10作るのだ。それから何か月もかけて3つに絞り込む。そして最後に3つの中からこれはと思うものを決めるのだ。




■ 平行するデザイン会議 ■■■■■■■■■■■■

これは実に興味深い。デザインチームは毎週二つの会議をこなす。ひとつはいろんな制約を無視して、自由に発想するブレインストーミングだ。Lopp のことばを借りれば「クレージーになる」(go crazy)。またこれとは別に、その対極ともいえる生産会議(production meeting)を定期的に開く。こちらでは、この途方も無いアイデアをどうやったら実現できるか、デザイナーとエンジニアが一緒になって細部まで見極めるのだ。この会議と手順がすべてのアプリケーション開発に適用される。アプリケーションが進行するにつれて、その比重が変わっていくのは当然だ。しかし、最後の段階まで創造的発想(creative thought)の可能性を残しているのは実に見事だ。




■ ポニー会議 ■■■■■■■■■■■■■■■■■

これは Lopp がプレゼンテーションの初めの方で話したことと関連する。シニアマネージャがあれこれと彼らの要望を列挙するプロセスのことだ。「私が欲しいのは WYSIWYGだ・・・。主要なブラウザをサポートするようにして欲しい・・・。アップルの精神を反映するようなものが欲しい・・・。」要すれば Lopp のいう「ボク、ポニーが欲しい!」というヤツだ。「誰だってポニーを欲しがるだろう。ポニーってゴージャスだから・・・。」問題は、自分が欲しいものを挙げているだけだということだ。見当違いの要望でも、給与を払ってくれる連中の話はムゲにできない。

[注:pony、小馬、子供たちが欲しがる愛玩物]




■ 解決策は? ■■■■■■■■■■■■■■■■■

で、解決策はこういうことだと Lopp はいう。平行するデザイン会議が決めた最善のアイデアをトップに見せておくのだ。これこそ長年欲しかったポニーだというかもしれない。こうしてポニーは実行可能なものとなる。そもそもトップ連中[C-suite:注参照]は、デザイナーが何をやっているのか知りたいと思うだろうし、当然自分たちにはそれに意見をいう権利があると思うだろう。こうすることによって彼らの意見も吸収され含まれることになる。その結果後々ひどい間違いを犯すことも避けられるのだ。

[注:C-suite、CEO(最高経営責任者)や CFO(最高財務責任者)、COO(最高業務執行責任者)から CIO(最高情報責任者)、CTO(最高技術責任者)、CMO(最高マーケティング責任者)まで、Chief で始まる肩書きを持つ人たち]


■ 参考URL ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

http://toshio.typepad.com/b3_annex/2008/03/appleapple4.html
http://www.geekalerts.com/apple-speaker/
http://maclalala.wordpress.com/2008/03/20/519/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


うん。ここまでトップがデザインに参加してるとなるとAppleのデザインクオリティの高さに納得がいきますね。

しかも、時間が許されているからって10案ですか。。。
(Takumaの場合、2案といわれたら3案。 3案といわれたら4案出す程度です orz)

さすが貫いてる感がすごいですね。
デザイン好きです。
コンテンツ設計大好きです。
Takumaです。
 
設計
1 建造物の工事、機械の製造などに際し、対象物の構造・材料・製作法などの計画を図面に表すこと。「ビルを―する」
2 一般に、計画を立てること。また、その計画。「老後の生活を―する」(by Yahoo!辞書)

デザイン」と「お絵かき」あと最後にくるTakumaのクリエイティブエレメントが「設計」です。私の場合は、コレを全部一連にするとデジタルコンテンツの設計/デザイン/イラスト作成という事になります。
(実際は、前後にコンテンツ企画とディレクションが入りますが・・・orz)

これがコードネーム「魔法使い」の由来です。

デザインもそうですが、設計にもトレンドというのはつき物です。
業界のインフラが変われば、当然そこで使われるコンテンツ類にも影響し、その骨組みとも言える設計にも影響が出てきます。

早速、WEB業界のインフラ筆頭。ブラウザ君達の鎬(しのぎ)をけずる戦いの進捗を見てみましょう。

▼Takumart.net:リンクコーナー▼
http://www.takumart.net/link/

の中にもリンクがありますが、こちらをチェック。

▼MARKET SHARE▼
http://marketshare.hitslink.com/

ブラウザ/OS/サーチエンジンのシェアを毎月レポートしているサイトです。
で、結果は(国内だけでなくグローバル視点ですが)。。。

2008年2月調べ
ブラウザ(IE:74.55% / Firefox:17.27% / Safari:5.70%)
・OS(Windows:91.58% / Mac:7.46%)

んで、ウィンドウサイズシェアはこの記事を参照。

▼ネット・サーファーは高解像度ディスプレイがお好き▼
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20010801/12/

・1152×864 2.32%
・1280×1024 2.88%
・1024×768 32.72%
・800×600 52.47%
・640×480 5.71%
(※単位はピクセル/px)

「1024×768」が1999年1月時点の20.5%から今回の調査では32.7%へと大きく拡大しているらしい。記憶に新しいのがYahoo!Japanトップページのリニューアル。

「1280×1024」対応となった。(正確には横幅が950ちょいくらい)

つまりは、「1024×768」と「800×600」のシーソーゲームが始まったわけだ。
そんな中こんなサイトを紹介。

「960 Grid」

960 Grid System▼
http://960.gs/

960pxを基準にグリッドデザインと設計を紹介しているサイトです。
特に興味深いのが以下のページ。

http://960.gs/demo.html

グリッドデザインがどのようなライン取りで行うべきかを一目で解説している。
これは、うちのデザイナー1年生君達にも見せなければ。

うーん。正直、まだ本格シフトは早いもののページボリュームが多いサイトならば「960グリッドデザイン/設計」を検討する頃合になったと感じる今日この頃です。
お絵かき好きです。
作品制作大好きです。
Takumaです。
 
モノリス
モノリスとはSF作品『2001年宇宙の旅』シリーズに登場する、石柱状の謎の物体。

ただし、モノリスの元の言葉、英語の一般名詞 monolith は、「ひとつの、または孤立した岩」という意味のギリシャ語から派生したラテン語に由来する普通名詞であり、石柱、記念碑、オベリスク等の人工物、およびウルル(エアーズロック)、ストーンマウンテン等の巨石を指す。(by ウィキペディア)


これでも、専門学校時代は3DCGを先行してました。
3D業界独自の分業体制がいやで、WEB業界に現在います。

インプットもアウトプットも右脳人間のTakumaです。
早速ですが、上で3Dとか言っときながら2D作品をアップしました。
「千想一告(一部)」

アート作品コーナー:千想一告▼
http://www.takumart.net/art/

(※キャプチャは作品の下部1/3ぐらいです。)

「じゃあ、何で3Dとかいったんだよ(怒)」というご意見は御もっとも。

よく見ていただきたい。作品下部にある四角の板の集合体(モノリス×たくさん)を。これ全部手書きだと吐きます。むしろ吐ける自信があります。もし手書きなら奥行き感を出す為にかなり本気で空想デッサンしないといけません。

ということで、ここで3DCG登場です。サクッとテクスチャ作成含めて半日ぐらいで作成。          ↓
イラストレーターにもっててライブとレース。(3DCGはこれでお役ごめんw)
正直、思った以上にソフトの使い方を忘れてました。。。orz

たまたま通りがかりの上司に
「僕はダーク系を売りにしてるけど、ここまで本物じゃないよ~」
とのコメントをいただいた作品。

はい。褒め言葉と勘違いしておきます。
ウィルス嫌いです。
感染大嫌いってか本当に腹が立つ
Takumaです。
 
コンピュータウイルス
他人のコンピュータに勝手に入り込んで悪さをするプログラム。画面表示をでたらめにしたり、無意味な単語を表示したり、ディスクに保存されているファイルを破壊したりする。ウイルスはインターネットからダウンロードしたファイルや、他人から借りたフロッピーディスクなどを通じて感染する。最近ではe-mailを介して感染するタイプのウイルス(ワーム)もある。大抵は使用者の知らないうちに感染する。またウイルスに感染したことに気づかずにコンピュータを使用し続けると、他のコンピュータにウイルスを移す危険性もある。(by Yahoo!辞書)


本格感染はまだないにしろ、ニュースでトレンドマイクロのサイトがハックされウイルス情報ページの改ざんされたりウィルス絡みのニュースをまた最近よく耳にします。

ウイルスと縁の切れない業界でしか稼げない人間に気がつけばなっていました。Takumaです。

早速ですが、とあるニュースのご紹介。
「ウイルスアート」

コンピュータウイルスから生まれたデジタルアート
http://japan.zdnet.com/security/story/0,3800079245,20369452,00.htm

■ 一部抜粋 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

セキュリティ企業のMessageLabsが、ルーマニア生まれのアーティストAlex Dragulescu氏に依頼して、インターネット上のウイルス、トロイの木馬、ワームなどを視覚的に表現する画像を制作した。Dragulescu氏は、MessageLabsからマルウェアのオリジナルコードの提供を受け、各プログラムの詳細な情報を利用して画像を「計算」した。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

うーん。アートっていうアプローチは嫌いじゃないけど
お題がすきになれない。。。
デザイングッズ好きです。
ステーショナリーグッズ大好きです。
Takumaです。
 
ステーショナリー
文房具。(by Yahoo!辞書)


ステーショナリーをYahoo!辞書で調べたところ上記のとおり簡潔に突き放されました。
ちょっと心のどこかにヒビが入った感じです。Takumaです。

今の職場は渋谷(散歩で原宿にもいく)という事もあって、まわりには特殊メイクやコスプレしたりしている人々を見受けますが、ちょっとしたオシャレグッズもいろいろとあります。

先日、こんなグッズ渋谷のLOFTで発見し3つほど衝動買いしました。
「ファイトー 一発!!」

Q・MAN:nuopDESIGN▼
http://www.nuopinc.com/

手足の先端に磁石がついており体はやわらかくクネクネします。
シンプルさに惚れました。

現在、私の部屋にはIKEAで購入した壁掛けホワイトボードがあります。
彼らは今日もそのツルツルホワイトボードでクリフハンガーをしています。
(ファイト一発!!もやりました←お約束)
ブログ好きです。
WordPress大好きです。
Takumaです。
 
アップグレード
品質を良くすること。特に、パソコンなどで、旧型機種の本体の一部やソフトウエアを最新のものに取りかえて、性能を向上させること。(by Yahoo!辞書)


FC2の今までのブログと同時並行でやっている本サイトのブログ

▼Takumart.net:ブログ
http://www.takumart.net/wordpress/

WordPressを採用しています。(テンプレートはまだいじれてないですが。)

WordPress Japan▼
http://wordpress.xwd.jp/

先日までMeのVer.2.1.1を利用していましたが、各所でアナウンスが(当時)あった模様。簡単に申しますと、「部外者にいじられた可能性があるからアップグレードして」という内容。

なんか、面白いプラグインないかな~とネット徘徊をしていたTakumaは
「2.1.1⇒2.1.2⇒2.1.3⇒2.2.3」という年末商戦の表示価格の如き連続アップグレードをいたしました。(あんまり、見た目に変わりはないのですが。)

WordPressを導入して改めて思ったことは、「システム系の保守って大変だな~」ということ。(あまり大したことはしてないのですが、畑違いでして。。。)

つくづく、お仕事でトラブル時の事まで考えたサービスを思うと、しっかりと自分の畑のスペシャリストとしてスキルと人格を深く掘り下げる事がいいのだと再確認した次第なわけで。

P.S:
最近、コードネームに「魔法使い」が追加されました。

後輩からも小火なら先輩みたいに火消しができるようになりましたと報告受けました。
白か黒か、はたまた僧侶になるか。(魔法戦士とか賢者にはまだ早いと思う)むこう2年くらいのジョブ選定を改めてしている今日この頃です。

(ちなみにメガザルは過去何回か使ったのでマスター済みです。。。)
ネット好きです。
宙(ソラ)大好きです。
Takumaです。
 
宇宙
1 あらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり。

哲学では、秩序ある統一体と考えられる世界。コスモス。
物理学的には、存在し得る限りのすべての物質および放射を含む空間。
天文学では、あらゆる天体の存在する空間。銀河系外星雲を小宇宙、それらを包含する空間として大宇宙ということもある。

宇宙空間、特に太陽系空間のこと。「―行」
(by Yahoo!辞書)


昨日、いつも通りネット徘徊をしていたTakumaですが、こんなサイトのニュースを目にしました。

腐女子応援ポータルサイト オープン▼
http://fujyoshi.jp/index.html

ちなみに、フジョシと打って変換しても上記の単語はでてきませんでした。
まーそんなことは、いいのですが。さて本題です。
(上のニュースが頭を離れないで昨日は記事が書けなかった。。。orz)

みなさん宇宙はお好きでございましょうか?
宝塚歌劇の「宙組」も含めてTakumaは宇宙が好きでございます。

しかし中々、引きこもり気味であるという理由と関係無しに
宇宙は遠く小市民のあがきでは成層圏も突破できません。

そんな小市民の為にGoogleがまた素敵なコンテンツをリリースさせました。

「Google Sky」

▼Google Sky▼
http://www.google.com/sky/
(ナイスGoogle! ナイスNASA!!)

なんと今回のコンテンツはすでに日本語対応済み。
(わかってきたじゃないかGoogleさん!!)
天体の説明まで見れるナイスなコンテンツです。

今宵、宙のなどいかがかな?
(↑誰)

「めくる」

めくる好きです。
めくる大好きです。
Takumaです。
 
めくる
[動ラ五(四)]《「まくる」の音変化》

1 おおっているものをはがす。「布団を―・る」

2 上に重なっているものをはがすように上げる。「本のページを―・る」」
(by Yahoo!辞書)


上記以外に正しい表現が見つかりません。。。

「めくる」

▼FLIP!▼
http://www.colorflip.com/

ね!?

ひたすらカラーフィルムめくるコンテンツ。
これに似たFlashコンテンツは山ほどあるが、一発芸的でやられた感じ。

単純作業ではありますが、なんとなく楽しい。
暇なときにどうぞ。

「ブログ世界」

ブログ好きです。
仮想世界大好きです。
Takumaです。

仮想世界
仮想世界(かそうせかい)は現実には存在しない世界一般。

仮想現実は、コンピュータ上に構築された現実を模した「世界」であると考えることができる。また、現実とは違った法則(物理法則など)を設定した世界を作り出すことも考えられる。」(by ウィキペディア)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E4%B8%96%E7%95%8C

gooラボがこんなサービスをしています。

「BLOGRANGER TG」

▼BLOGRANGER TG▼
http://ranger.labs.goo.ne.jp/TG/

ブログの世界があったら、自分のブログはどのあたりにあるでしょう?」
的なコンテンツらしいです。

早速、FC2ブログの方にブログパーツを追加したわけでございますが、

▼takumaの「デザインはあれでアートはそれで」:FC2ブログ
http://takumasaitou.blog114.fc2.com/

1.インターネット(13%):まー生活も仕事も依存しておりますし。
2.Web(6%):これは意外と少なめなのね。
3.Linux(6%):ん?Linux?書いた記憶がないけど・・・
という(2008/3/11現在)結果となりました。

なんか、探検してみるといろいろ「?」的なキーワードの近似性が
見られるけど、これはこれで面白い。

自分のBlogの特化ジャンルがこんな形で見られるのもおもしろいですね。
パソコン好きです。
オリジナル壁紙大好きです。
Takumaです。

カオス
ギリシア人の考えた、宇宙発生以前のすべてが混沌(こんとん)としている状態。混沌。無秩序。ケーオス。コスモス。」(by Yahoo辞書)

以前、「無邪気」という作品をルドンにちょっと影響されて作ったことがありました。

アート作品コーナー:無邪気
http://www.takumart.net/art/

数年前は、job(デザイン)とwork(作品制作)の境目と切り替えが確立できてなく、オリジナル壁紙なんぞ仕事場で張ったものなら、人格カオス状態となり仕事どころでなかったのです。

制作業界でのた打ち回ってもう直ぐ丸4年が経とうとしている昨今。
やっと、どうにかなりました。

んで、今の会社で使うために作った壁紙をアップしました。
ちなみに「無邪気」を使った壁紙です。

ダウンロードコーナー:wallpaper10▼
http://www.takumart.net/download/

まー。それにしても最近、比較的アクの強い作品ばっかりだな。。。
考えること好きです。
自分創りを仕切りなおし。
Takumaです。

裏切り
うらぎること。味方を捨てて敵方についたり、約束・信義・期待に背いたりすること。「―者」「―行為」(by Yahoo辞書)

先日、夜に最近使うことの無かったスイッチが入り、紙に幾重にも線を重ねていた。

アート作品コーナー:裏切り(上記を作品にしたもの)▼
http://www.takumart.net/art/

数年前の事。自分探しという言葉が流行した。
時の若者が、自分の進むべき道を模索するという意味合いだと記憶している。
しかし、この言葉は嫌いだ。

私の考えるに、探すにたる人格は何もせずとも完成しているものでは無いと考えるからだ。積み重ねては壊し、再形成を繰り返していくものと私は思う。

最近

答えは出ていたはずの「脆い引き金」を引いたり
悩みもがき苦しむ友人たちの声の「僅かな断片」を拾ってみたり
昔、与えてもらった故人の思い出の「宝物達を力ずく」で箱から出してみたり
している。

そう。生身自分自身を流すには十分な物ばかりだ。

の色を見比べる事ができる人は僅かしかいないが、彼らと私の色は当然違う。
一時期、ペルソナを随時形成し彼らに近いと思い込んだ目線から景色を見ることを繰り返した時期もあった。

しかし、彼らの重要な問題であるほど「キミではないから正直、分かるとは言えない」という言葉を返す事しかできなかった。今もそれは変わることがない。

正直、自分自身とも彼らとも共有できる程の答えと言える理路整然と論理化されたものが出来る事はないのだとも思う。だからこそ、を流すと分かっていても自分を裏切らねば進めぬ事もある。そのをまた塗り固め、自分を創っていくのだ。

Powered by FC2 Blog