プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


身勝手嫌いです
自己中大嫌いです。
Takumaです。

【身勝手】
[名・形動]他人のことを考えず、自分の都合や利益だけを考えて行動すること。また、そのさまや、そのような態度。わがまま。「―な言い分」「―に行動する」(by Yahoo!辞書)

あらかじめ、誹謗中傷の内容でないことを示唆させていただきます。
久しぶりに、ディレクター/アーキテクチャー/デザイナーの三役をやりました。
Takumaです。

まー、コンペ形式の物で時間がなく、尚且つ情報設計改善のご依頼でしたので得意分野の一つ。白羽の矢が各方から5,6本ささり参入決定。


基本的には、恙無く
「現状サイト分析」⇒「ユーザータイプ抽出」⇒「ニーズ検証」⇒「設計」⇒「デザイン」という流れに「ヒートマップ検証」とそれを使った「ABテスト」をやるという、久しぶりに「やる気100倍アンパソマン」という感じでいっていたのですが・・・


こまったちゃんデザイナーがあらわれました。

企画営業が用意した外注はおそらく使い物にならない(予想どうり)のは想定範囲内でしたが、まさか身内にディレクターのスケジュールと提案方針を無視する、ものすごい身勝手な「困ったチャン」がいるとは思いませんでした。

その、シャイニングロードを抜粋。

「スケジュール伝達&設計書説明&デザイン作業開始」⇒(一日経過)⇒「改造しなくて良いものからリデザイン」⇒「進行方針を伝達しTakumaの本件デザインテンプレートの使用を促す」⇒「だだこねる」⇒「Takumaに徹夜を申し出る」⇒「正当な理由がないので却下される」⇒「部長に泣きつく」⇒「部長が責任とることで強制的に徹夜が決済」⇒(翌日)⇒
   ・
   ・
   ・
「転職をオススメしたいデザインが中途半端に終わっていない」
   ・
   ・
   ・
「Takumaの12日徹夜決定の瞬間(※13日提出)」

という流れです。この流れが生む危険性をそれぞれのポジションのTakumaペルソナからの解説付きで冷静に検証しましょう

以下、解説-------------------------------------------------------

■Step1:スケジュール伝達&設計書説明&デザイン作業開始

▼ディレクター&アーキテクチャーTakuma▼
⇒つまりは、この時点で、スケジュール提案方針は決まっており作業優先順位も決まっています。今回の場合は、全てのパーツを作り直す必要はないわけです。情報設計改善ですので。

加えてリニューアル後の更新の手間とレギュレーション改定を簡易にするため、広告枠やバナーサイズ等は、いたずらに変えない事が必要と考えました。

▼デザイナーTakuma▼
一般的なデザイナーなら、テイスト変更は基本無しという用件なので、トップとセカンドページ両方で「1人日」が妥当でしょうか。経験の無さが手伝っても「1.5人日」が精々です。(※Takumaは、一案を1人日以内で仕上げて「化け物扱い」されました・・・)

----------------------------------------------------------------

■Step2:改造しなくて良いものからリデザイン

▼デザイナーTakuma▼
これは、商用デザイナーとして自分の領域すら管理できないという事になります。自分の作業の見積もりをし、提案に最低限必要なものから手をつける。間に合いそうに無ければ、ディレクターに自ら相談したほうがよいでしょう。

----------------------------------------------------------------

■Step3:進行方針を伝達しTakumaの本件デザインテンプレートの使用を促す

▼ディレクターTakuma▼
提案の中でそれぞれの案の特徴を際立たせるといのは大道ではあります。だからこそ、そのデザイナーの苦手な領域(※困ったチャンデザイナーの場合は、まずスピード)に関しては他のデザイナーと協力すべきです。
しかも、一定の時間を浪費しても出来ない時点で、チームの為に徹するという判断が出来ない以上、オペレーターとしても失格です。

----------------------------------------------------------------

■Step4:だだこねる

▼ディレクターTakuma▼
ポイントはいかの三つ

・徹夜をしたいとダダをこねる。⇒時間があればできると勘違いしている。
・他のデザイナーまで巻き込む。⇒悪い影響増大。
・正当な理由すらいえない。⇒問答無用。

----------------------------------------------------------------

■Step5:Takumaに徹夜を申し出る
■Step6:正当な理由がないので却下される

▼ディレクターTakuma▼
弊社は確かに労働裁量性(そうなんです)です。だからといって、やたらに徹夜をしていいものではありません。労務局に管理不行き届きで怒られます。

また、その進捗状況をだれが管理するのですか?プロジェクト責任者(ディレクター)がその対応策まで考慮した上で指示をだしているのに、従わない。

「徹夜をやりたい」というやる気はかいます。しかし、本プロジェクトにおいて貴方のその徹夜の作業が成果を生めない以上、認めることが出来ないのです。

また、体調を崩した場合や他の案件からのお手伝いの要望に対し、何事もなかったかのように出勤し対応できますか?レスポンスは落ちませんか?生き物なら無理です。

だからこその却下なのです。(※というか普通。となりの席のプロデューサーも普通だねっていってたw)

----------------------------------------------------------------

■Step7:部長に泣きつく

▼ディレクターTakuma▼
もうどうしようもありませんね。チームの輪も自分がそれを担っている責任感もプロとしての誇りもありません。この影響が自分以外の人間にも大きな迷惑。ましてはプロジェクト自体まで支障をきたす事を理解しようともしていない事が分かります。

▼アーキテクチャーTakuma▼
レイアウトやバナー位置や、現行のデザインのサイズ系踏襲内容まで伝えてあって表装調整すらできないのですから、この人にデザインを頼む必要性は皆無です。

▼デザイナーTakuma▼
もう一人(しかも若い)のデザイナー見習いは同条件で、しっかりとデザインの優先順位を満たし、細かいディテールは完成できてないものの、途中経過を自ら報告。
ディレイターの指示に従い、スムーズな引継とプロジェクト進行に一役かってくれました。
あたりまえではありますが、この誠実な態度は見習うべきです。
(↑よくがんばったね♪)

----------------------------------------------------------------

■Step8:部長が責任とることで強制的に徹夜が決済

▼ディレクターTakuma▼
部長が責任を取るというのはイイのですが・・・できなかった時の流れは想定しなければいけませんね。他にできる人間がいないので回ってきた案件。どうするつもりなのでしょうか?「彼女はその(徹夜スタイル)でコミットしてきた!!」っていわれても・・・
あの途中経過を見て、本気で行けると信じていたのでしょうか。

▼アーキテクチャーTakuma▼
今回の場合、過度なデザイン修正は必要ないのです。ヒートマップを使った導線検証の後にABテストして、ラフデザインを完成させなければなりません。
つまりは、作りこみはその後なのです。「最低限」の物ができてなければ、本件でのデザインの意味はないのです。

▼デザイナーTakuma▼
部長さん。デザインスキルは0か1ではありません。お見知りおきを・・・

----------------------------------------------------------------

■Step9:転職をオススメしたいデザインが中途半端に終わっていない
▼ディレクターTakuma▼
問答無用です。社会人としていいたいことは山盛りですが。

▼アーキテクチャーTakuma▼
特にEC系サイトのトップページに無駄は許されないのをご存知でしょうか?
ニーズが低いボタンに関しては不用意に大きくしない。機能的に不可能なデザインはしない。せめて、設計であった要素は反映するぐらいはして欲しいです。

▼デザイナーTakuma▼
WEBサイト開発全体での自分の役割を把握した上で職務にあたるべきです。EC系サイトならば、目的はいろいろありますが「会員登録」や「商品購入」がメインでしょう。

それよりも、ビビットで派手なボタンで関係のない要素を飾り立てて、尚且つ数を多くして左カラムに並べる。商品写真や会員登録ボタン系をデザイン全体で見せないようにするかのように。

本来、これらの最低限のことすらディレクターに指摘されるくらい恥ずかしい事が認識できていなければ、本当に転職をおすすめします。
(※実際にこの方は6末で退職されます。卒業課題としてやらせてくれと部長に言われましたが・・・本気!?。)

----------------------------------------------------------------

■Step10:Takumaの12日徹夜決定の瞬間

つまりはこうなるワケです。。。
えーフルリテイクで「困ったチャン」の分をやったねー。
手が腱鞘炎気味だね・・・

つまり、単純に13日分を0:00分から前倒しして仕事したこととはイコールではありません。いろいろなリスクとデメリットが発生します。

その証拠にすこぶる体調が悪い。
(一緒に巻き込まれたTakumaのアシスタント「Kさん」本当にお疲れ様でした。本当に・・・)

確かに
「Takuma君に人員とプロジェクト進行は全て任せるよ」と本部長に言われ。
「Takuma君に無理にリーダーをしてもらってるし、至極まともな進行だから文句は無いのだけど・・・」と部長から言われるのですが。

これだけ被害拡大した落とし前。だれがつけてくれるか楽しみですね。

というわけで、フラストレーションの原因を客観的に解説するという長文でアウトプットした今回の記事いかがだったでしょうか?
件の被害者にはいい教材になる故、来週の反省会(困ったチャンはもういない)を行ないたいと思います。

ではでは。ゲホッ。(吐血)
スポンサーサイト

コメント

えぇっと…

自分、愚痴ならいくらでもききますよ。うん。いくらでもききます。ききますから(涙目)

わかるから、困ったちゃんには、私も困らせられていますから

Takumaさんいない時の提案デザインでひどい目にあってますから

まー仕事にはいろいろあるけどねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takumasaitou.blog114.fc2.com/tb.php/117-a4c4d141


Powered by FC2 Blog