プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


Google色んなことしてますね。
APIとOffice的ツールのお話です。
Takumaです。
 

【Google Visualization API】
Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、WWW上で動くオフィスソフト。(by ウィキペディア辞書)

よく、「Office」もってないんですよ~という声を聞く。
その際には「OpenOffice」とかとりあえず使ってみたら?という話をするが、
別の選択肢が、そこそこ使えるレベルになってきたようだ・・・

■Google ドキュメント■■■■■■■■■■■■■■

「SaaS(Software as a Service)」というソフトウェアやソリューション概念を覚えているだろうか?
要約すると、ソフトウェアの機能のうち、ユーザが必要とするものだけをサービスとして配布し利用できるようにしたソフトウェアの配布形態である。
詳しくは、以下を参照。

▼Takumart.net:SaaS版Photoshop公開&体験▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/420

この場合は、「SaaS版のPhotoshop」である。
今回は、下記にて「SaaS版google製Office」の内、「Excel的機能」について調べてみた。

ちなみに、自分のWEBサイト上にグラフ等を生成して表示したい場合は

▼「グラフの自動生成ならGoogle Chart」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/644

というAPIもあるので、使ってみてはいかがだろうか?

■Visualization APIを使ってみよう■■■■■■■■
「Google Visualization APIって何?」

つい先日、Visualization APIというものがGoogleから実装された。
簡単に言えば、特定のデータソースをグラフや表にしてビジュアルアウトプットしてくれるAPIである。
ちなみに、実装されているのはGoogle SpreadSheetだけのようだ。

細かいの使用方法自体は、下記のページを参照いただくとヨロシ。

▼Google Visualization APIを早速使ってみた▼
http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20369905-2,00.htm

▼Google Spreadsheetsを使うときに知っておきたい5つのTips▼
http://www.popxpop.com/archives/2007/05/google_spreadsheet.html

●Step.1:Googleアカウントを作る
↓(※既にある人はスキップ。)

●Step.2:「http://docs.google.com/」にジャンプ
↓(※英語表記で、意味不明な場合はStep.3を参照。)

●Step.3:言語とタイムゾーンの設定を確認しよう
↓(※「日本語」「(GMT+9:00)東京」に設定。出ないとナビが全て英語表示に・・・)

●Step.4:メニューバーの[新規作成]>[スプレッドシート]を選択
↓(別タブ(ウィンドウ)に新規シートが生成される)

●Step.5:必用事項(表データ)を記載して、グラフにしたい領域を選択。
↓(エクセルを普段から利用している人は、いつもと一緒の選択です。)

●Step.6:右クリック[ガジェットを挿入]選択して、グラフタイプと表示設定をする。
↓(んで、出来上がり。公開or共有したい人は、右上の[共有]ボタンから選択してください。)

んで、試しに作ったもの。

▼test01▼
http://spreadsheets.google.com/pub?key=pmLu6sTNkIz9eYXqbgxh4bQ

■まとめ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アプリの利便性については、まだまだ「純正Office」に追いついていません。
しかし、この技術のいいところは細かいオンライン共有設定ができる事。
(普通なら、社内サーバたててWAN組んでとか・・・めんどくさい。差分管理とかもっとめんどい。)

その内、技術が進歩すればオンラインとオフラインのアプリの使いやすさは、さほど変わらなくなるでしょう。
このときに、SaaSが可能にする新しいエクスペリエンスは業務効率化の側面からいっても、パラダイムシフトを起こすでしょう。

セキュリティ上の問題から、開発現場での利用はまだ難しいかもしれませんが、プライベートでの友達との開発とかには、良いかもしれません。
特に、お金が使えない学生さんとか。

グラフとか表とかは、イラレやフォトショで作るもの!!
という考え方は、もう時代遅れなのかもしれません。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■


▼Pearl Jam Ten Game | Preview Special Reissue Pearl Jam Music▼
http://www.pearljamtengame.com/

●んで、一言
アメリカのロック・バンド。パール・ジャムのプロモーションサイト。

黒バックに虹色がさえる色相環チックなデザインサイト。
一方でキューブがモチーフになっているが、そのパズルが3Dになっている。
別に目新しい事はしてないが、そのパズルと虹色のビジュアルマッチが心地いいサイト。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takumasaitou.blog114.fc2.com/tb.php/274-9befc31e


Powered by FC2 Blog