プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


固定幅レイアウト最近の主流です。
リキッド・レイアウト本来あるべき姿かな。
Takumaです。
 

【フロー】
1 流れ。流量。
2 一定期間に生産され流動する経済数量。国民所得・投資など。→ストック(by Yahoo!辞書)


現在、「ディレクターアドバイザー」兼「設計者」兼「メインデザイナー」という複雑なポジションで案件を進めています。Takumaです。
本来、これを繋ぐのが「ディレクター」の仕事なのですが、途中参加からのテコイレの為、こんな形になっています。

そして、そんな自分のアシスタントの叫び「今って、なにやってんすか!?」


■今はこの辺だ!!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「上流工程」と「開発現場」をいききしつつ、問題の芽をみつけては刈り取る日々。
アシスタントくんの叫びもごもっとも。(←前つくった、ワークフローを見せるのをわすれてたw←オイ)

というわけですが、どうもどうして「社内ワークフロー」は公開できません。

そんななか、すばらしいスタンダードワークフローが公開されていたのでこれをご紹介。

▼[図解]Webサイト構築プロジェクト・ワークフロー▼
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090612/331860/

▼[画像]Webサイト構築プロジェクト・ワークフロー▼
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090612/
331860/065_workflow_L.jpg?ST=swd-design



takumaのパワポと違って、ちゃんとデザインされていてキレイだ!!

上流工程は、クライアントの用件によって順序はかわるものの、非常に合理的なフローである。
なにより、現場に無駄な負担がかからない!!


■んで、takumaの役割は?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

かたよりのない全体像を上記の記事が説明してくれた。
ならば、今ほぼ完成した自分のポートフォリオから、公開しても当たり障りのない部分でこんなのをアップしてみよう。
(※ちょっと対抗意識があったのは、ないしょである。)

「WEB開発のプロジェクトワークフロー」

前にマクロからのデザインの立ち位置。後にWEBを取り巻く制作アクションの相関図がついてくるのだが、それはまたの機会に。

これについては、
「ディレクター」「設計者」「デザイナー」
を兼ねている自分が、これらの領域のイニチアシブを全て握った際のスムーズにいった例です。

つまり、上記のワークフローでもそうですが、途中までいっていて「鶴の一言 byクライアント/出資者」でひっくり返りそうな場合は珍しいものではありません。
「RFPからのそもそも論」から理論的かつ、合理的な提案でブレイクダウンすることを求められる場面が多いのもしかり。

新卒いわく「takumaさんって何でも屋」ですよね。とよくいわれますが、上記の流れもあり正しくは「火消し屋」という表現がしっくりきます。
(※ゲーム業界でよく聞くのですが、この言葉をweb業界でも布教しています。)

なんで、こんなん作ったのかというと・・・

■テキストだと分かりづらい■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「ぼやきたい」という目的の次にある「社内or社外or弟子」等々向けの遠隔教材的な側面がちょっとあるこのブログ。
「テキストだと分かりづらい」という声がありまして・・・・

うん、これ。

▼takumart.net「WEBサイトを設計(ワイヤー)からみなおしてみる」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/765

▼takumart.net「JOBでやったことを整理してみた」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/688

なかば、教材という側面まで含めてポートフォリオのハイブリット資料をつくったわけでして。
ディレクターという職業を兼任(本職はデザイナーです)している為か、「情報の適切な連携」という命題が、円滑なプロジェクト進行に必要かを日々痛感します。
加えて、各ポジションのバックボーンやレンジにあわせた、「情報の適切な伝達」も当然しなければいけない。

そう意味でもこのような、「フロー」といわれる資料の開発や制作は、「みんなで手を繋ぎ協力して作るWEB」という媒体において、非常に大事なのではないかと感じている今日この頃です。


■おまけ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2009年のWEBのトレンドを路線図に落とし込んだ資料について以前、取り上げました。
上記のワークフローとあわせて部屋に張っておくとカッコイイ!!

▼takumart.net「WEB業界を路線図にすると?」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/750


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼スタンダード通信社▼
http://standard.co.jp/

●んで、一言
スタンダード通信社という会社さんの移転報告サイト。

面白いのは、移転した「広尾⇒青山」間を歩いてるムービーをひたすら流すというスタイル。
加えて、もう一つのポイントは右下のGooglemapである。
そのムービーと連動して地図表示がされている。

3.19キロをひたすらカメラを担いで(?)がんばった担当者さんが偉いと思う。
季節柄、新人さんなんだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takumasaitou.blog114.fc2.com/tb.php/337-eccdeebf


Powered by FC2 Blog