FC2ブログ

プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お絵かき好きです。
絵本大好きです。
Takumaです。

絵本
絵を主にした子供向きの本。
(by Yahoo辞書)

本日、会社出社前に原宿でお散歩。
小さい頃から親に手を引かれ、連れて行った思いの場所。
【クレヨンハウス】
http://www.crayonhouse.co.jp/home/index.html
に行ってきました。

あの日と変わらず、心温まり踊るような絵本がたくさんありました。
出社しデザインを一日して帰宅。そして、こんな絵本を見つけました。

「ママ、なぜおうちにサーバーがあるの?」
⇒!?

提供は、あのマイクロソフトさんです。

▼記事はこちら
http://www.gizmodo.jp/2008/01/post_2929.html

では続きを。

「もしママとパパが愛し合ってたら、パパはママに特別なプレゼントをあげたくなるかもしれないね」
⇒家庭に亀裂がはいります。

「でも友だちはサーバーをすてきだとおもわないかもしれないね…変なのっていうかもしれない」
⇒おっ!!君には良識がある。

「どうしてそんなことが判るんだい? その子たちは本当はうらやましいんだよ。ぴかぴか光るサーバーがね!」
⇒うらやましくねーよ。(※あの年頃はね)

「そして、すてきなママとパパとサーバーがあるきみは、友だちがなんと言おうが気にしないよね?」
⇒いや、友達とあやとりしなさい!!

てな感じです。

いや、切実にここ数年思うのです。
「子供時代の情操教育は大切だと」

なぜそんな事をいいだすかと言いますと先日、
アンカー展」を見てきました。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/07_anker/

彼が生きた時代。人間主義的思想は、アンカー自身の芸術にも影響を及ぼしていたと考えることができます。
ルソーは、子ども時代というものが独立した人生の一時期として価値あるものとみなし、また、ペスタロッツィは、子どもの玩具は教育的な見地からふさわしいものを与えるべきだと提唱しました。
彼も毎年、一年の半分は自分の故郷の村で創作活動をしていたそうです。
(久しぶりに、素晴らしい人物描写をみました。オススメです。)

こうも違うんだなと爆笑しました。
スポンサーサイト

コメント

まぁ、マイクロソフト(笑)のやることだしなw

いやーシェアもそうだけど突き抜けてるよね。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takumasaitou.blog114.fc2.com/tb.php/40-c8c99db2


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。