プロフィール

Takuma Saitou

Author:Takuma Saitou
■ 自己紹介 ■■■■■■
コンテンツデザイナー・ディレクター
将来の夢はデザインの出来るウルトラマンになること。

↓↓↓↓↓↓↓
プロフィール詳細

■ 個人HP ■■■■■■
個人のイラスト作品から、お気に入りの写真の掲載・壁紙・メッセンジャー画像 配布してます。

↓↓↓↓↓↓
Takuma Saitou Art Works


カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


twitterも市民権を得て
私も使い始めて大分たちました。。
Takumaです。
 

【表示】

1 はっきりと表し示すこと。「原料をラベルに―する」
2 図表にして示すこと。「生産額を―する」
3 きざし。兆候。(by Yahoo!辞書)

 


様々なメディアと親和性の高いtwitter。
ブログが選考していた当時の私のアウトプットのスキームにも早々に取り入れました。

先日のランキング記事でもtwitter記事はランクの上位に名を連ね

▼takumart.net過去記事▼
「年末だし2010年人気記事ランキング」

改めて、twitterのメジャー化を痛感した次第です。

と言う事で、当ブログでも各記事のタイトル横に
「記事毎のツイート数表示」する「 twitterボタン」を追加することにしました。

使用したソースは公式サイトの物。

▼ピックアップ▼
Twitter / ツイートボタン

これの「垂直方向にカウント数を表示 」タイプです。

登録と利用イメージは下記の動画を参照。



▼ピックアップ▼
そして、このボタン機能がリリースされた時の公式ブログ記事。

Twitterブログ: ツイートボタンでリンクを簡単に共有しよう

さて、twitterがどこまで浸透し影響力を拡大していくのか。
今後の展開が楽しみですね。


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
胃痛オブ・ザ・イヤー2010|ガストール【エスエス製薬】

●んで、一言

年末にいろいろでてくる「●●オブ・ザ・イヤー」のtwitter連動コンテンツ。
多く見る、フォローしてつぶやくと賞品が抽選であたるタイプ。

太字の角ゴシックをつかって「ドンッ」とツイートをだす演出が確かに胃にくる感じだ。ただ、各ツイート記事につけられる「エール」が連打可能なのですが・・・

この手のFlashコンテンツ作ると、色々なプロモーションで再利用できそうだなと感じたコンテンツです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takumasaitou.blog114.fc2.com/tb.php/522-0389b107


Powered by FC2 Blog